フランスとフランス代表

フランス共和国、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家です。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がています。パリ、リヨン、マルセイユなどはフランスの主要都市です。

大多数のフランス人は運動好きなタイプです。フランスで流行っているスポーツといえば、もちろんはサッカーとテニスです。例えば、フランスにおけるサッカーのプロリーグのトップディビジョン(1部リーグ)すなわち、リーグ・アンが世界中でも多くのサッカーファンたちに注目されています。日本代表メンバーの酒井宏樹はオリンピック・マルセイユに所属し、GKの川島永嗣がFCメスに所属しています。

サッカーフランス代表はフランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチームです。フランス代表の世界FIFAランキングは8位です。(2017年9月まで)2017年10月10日、フランス代表が2018ロシアワールドカップの出場を決めました。それもフランス代表はFIFAワールドカップの出場回数は15回になりました。

フランス代表のユニフォームはフランス伝統的な青、白と赤を基調にデザインをします。2011年1月1日でFFFとナイキが契約を結びました。つまり、2011月1月1日から2018年7月9日までサッカーフランス代表 ユニフォームのサプライは「ナイキ」となります。

スペインとスペイン代表

スペインは、ヨーロッパ南部のイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家です。スペインの人口総計は46,524,943人です。スペインではサッカーが最も盛んでいるスポーツです。2014年の調査報告によると、スペイン全国では80万以上の登録サッカー選手と2万の登録サッカークラブを持っています。リーガ・エスパニョーラにもヨーロッパで有名なサッカーリーグです。レアルマドリード、FCバルセロナなども世界で強豪なクラブだと思われています。

サッカースペイン代表はスペインサッカー連盟(RFEF)によって編成されるサッカーのナショナルチームです。愛称はLa Rojaラ・ロハ、赤)。日本では無敵艦隊の愛称で知られます。スペイン代表はFIFAワールドカップで1回、UEFA欧州選手権で3回優勝しています。

スペイン代表のホーム ユニフォームはスペイン伝統的に赤に黄色のトリミングをしたものをホームでは使用している。これは赤と黄色がともにスペインの国旗に使用されているからである。なお赤と黄色はそれぞれ「血と黄金」を現している。

アウェイでは過去には白、現在はブルー系を基調としたユニフォームを使用している。2014 FIFAワールドカップでオランダと対戦する際、国際サッカー連盟(FIFA)から「ホームユニフォームだとオランダとの見分けがつきにくい」と指摘されたことを受け、サードユニフォームを着用することとなった。こちらは白を基調としている。

 

ブラジルとブラジル代表

ブラジル連邦共和国の通称はブラジルです。ブラジルは南アメリカに位置する連邦共和制国家で南米大陸で最大の面積を占めます。皆さんに「サッカー王国」だと思われています。サッカーブラジル代表も世界最強とも称されています。

ブラジルの文化は、インディオと呼ばれるトゥピ・グアラニー系の先住民や、ヨーロッパやアフリカ、アジアからの移民などが持ち込めました。サッカーもブラジルのスポーツ文化生活中で大事な位置を占めています。2014FIFAワールドカップはブラジルで開催しました。FIFAワールドカップにおいて大会史上最多である5度の優勝を誇り、優勝候補の常連国です。それも世界中での唯一です。2018FIFAワールドカップにも予選大会で先発のため、2018ロシアW杯に出場決定しました。

ブラジルサッカー連盟もは1914年において設立しました。1923年は南米サッカー連盟に加入しました。歴代のFIFAワールドカップでブラジル代表は一度の欠席することもありません。「サッカーの王様」と見られているブラジル代表サッカー選手「ペレ」はそう言いました。「ワールドカップに出場でききないブラジル代表は信じられないことだ」。

ブラジル代表のユニフォームはカナリアイエローを基調としており、ブラジル代表は「セレソン」もしくは「カナリア軍団」と呼ばれています。ブラジル代表のユニフォームのサプライはアメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業の「ナイキ」です。(1997年~2018年まで)