アルゼンチンとサッカーアルゼンチン代表をわかりやすくご紹介

アルゼンチン共和国は、通称アルゼンチン、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西側と南側にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接して、東面と南面は大西洋に面する。首都はブエノスアイレス、コルドバ、ロサリオは有名な都市である、主な民族はヒスパニック、イタリア。

アルゼンチンは多様な人口と温暖な気候から利益を得て、さまざまなスポーツ、サッカー、バスケットボール、ポロは「アルゼンチン3つ運動」として名高い。アルゼンチンでは、最も重要なスポーツはサッカーである。 アルゼンチン全国男子サッカーチームは、ディエゴ・マラドーナ、アルフレド・ディ・ステファノ、レオ・メッシなど多くの世界的に有名な選手たちとワールドカップで2度優勝。 アルゼンチンの全国男子バスケットボールチームは、2004年のアテネ五輪金メダルを取得。

アルゼンチン代表 ユニフォーム ホームはベースカラーはホワイトで、全身クリアブルーストライプをプリントして、アルゼンチンサッカー協会創立125周年を記念し、「125」の数字をサイドに、栄光のエンブレムを胸に配置。襟の裏側には月桂樹と数字「125」を組み合わせたエンボス加工でデザイン。チーム光栄と自信感を強調。

イングランドとサッカーイングランド代表をわかりやすくご紹介

イングランドは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」の一つです。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接します。北海、アイリッシュ海、大西洋、イギリス海峡に面しています。

過去サッカー発祥の地です。1863年10月26日にザ・フットボール・アソシエーション (The FA) と12のクラブの間で会議が開かれ、同年12月までに6回のミーティングを行って統一ルールを作成しました。この統一ルール作成により現代のサッカーが誕生しました。イングランドにおいてサッカーを統括する The FA は世界で唯一国名の付かない最古のサッカー協会です。

サッカーイングランド代表はFIFAワールドカップでの4強進出は地元開催で優勝した1966年大会と4位になった1990年イタリア大会の2度だけです。また、ワールドカップと並ぶ国際タイトルであるUEFA欧州選手権においては決勝進出すらなく、1968年大会で3位に入ったのが最高成績です。なお、UEFA加盟国中ワールドカップ優勝の経験を持ちながら欧州選手権に優勝していない唯一の国で、FIFAワールドカップ優勝経験のある全ての国の中で唯一各大陸選手権で優勝していない国です。

イングランド代表 ユニフォーム ホーム 半袖の伝統カラーは白です。なお、パンツはネイビーを基調で、ソックスが黒にします。

現在、イングランド代表のアウェイ ユニフォームの主な色が赤です。実際、青を基調でデザインしたアウェイユニフォームも着用されたことがあります。

イングランド代表 ユニフォーム 2017 アウェイ 半袖

フランスとフランス代表を分かりやすく紹介

フランス共和国、通称フランスは、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家です。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がています。パリ、リヨン、マルセイユなどはフランスの主要都市です。

大多数のフランス人は運動好きなタイプです。フランスで流行っているスポーツといえば、もちろんはサッカーとテニスです。例えば、フランスにおけるサッカーのプロリーグのトップディビジョン(1部リーグ)すなわち、リーグ・アンが世界中でも多くのサッカーファンたちに注目されています。日本代表メンバーの酒井宏樹はオリンピック・マルセイユに所属し、GKの川島永嗣がFCメスに所属しています。

サッカーフランス代表はフランスサッカー連盟(FFF)によって編成されるフランスのサッカーのナショナルチームです。フランス代表の世界FIFAランキングは8位です。(2017年9月まで)2017年10月10日、フランス代表が2018ロシアワールドカップの出場を決めました。それもフランス代表はFIFAワールドカップの出場回数は15回になりました。

フランス代表のユニフォームはフランス伝統的な青、白と赤を基調にデザインをします。2011年1月1日でFFFとナイキが契約を結びました。つまり、2011月1月1日から2018年7月9日までサッカーフランス代表 ユニフォームのサプライは「ナイキ」となります。

スペインとスペイン代表をわかりやすく説明!

スペインは、ヨーロッパ南部のイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家です。スペインの人口総計は46,524,943人です。スペインではサッカーが最も盛んでいるスポーツです。2014年の調査報告によると、スペイン全国では80万以上の登録サッカー選手と2万の登録サッカークラブを持っています。リーガ・エスパニョーラにもヨーロッパで有名なサッカーリーグです。レアルマドリード、FCバルセロナなども世界で強豪なクラブだと思われています。

サッカースペイン代表はスペインサッカー連盟(RFEF)によって編成されるサッカーのナショナルチームです。愛称はLa Rojaラ・ロハ、赤)。日本では無敵艦隊の愛称で知られます。スペイン代表はFIFAワールドカップで1回、UEFA欧州選手権で3回優勝しています。

スペイン代表 ユニフォーム ホームはスペイン伝統的に赤に黄色のトリミングをしたものをホームでは使用している。これは赤と黄色がともにスペインの国旗に使用されているからである。なお赤と黄色はそれぞれ「血と黄金」を現している。

アウェイでは過去には白、現在はブルー系を基調としたユニフォームを使用している。2014 FIFAワールドカップでオランダと対戦する際、国際サッカー連盟(FIFA)から「ホームユニフォームだとオランダとの見分けがつきにくい」と指摘されたことを受け、サードユニフォームを着用することとなった。こちらは白を基調としている。

 

ブラジルとブラジル代表をわかりやすく紹介

ブラジル連邦共和国の通称はブラジルです。ブラジルは南アメリカに位置する連邦共和制国家で南米大陸で最大の面積を占めます。皆さんに「サッカー王国」だと思われています。サッカーブラジル代表も世界最強とも称されています。

ブラジルの文化は、インディオと呼ばれるトゥピ・グアラニー系の先住民や、ヨーロッパやアフリカ、アジアからの移民などが持ち込めました。サッカーもブラジルのスポーツ文化生活中で大事な位置を占めています。2014FIFAワールドカップはブラジルで開催しました。FIFAワールドカップにおいて大会史上最多である5度の優勝を誇り、優勝候補の常連国です。それも世界中での唯一です。2018FIFAワールドカップにも予選大会で先発のため、2018ロシアW杯に出場決定しました。

ブラジルサッカー連盟もは1914年において設立しました。1923年は南米サッカー連盟に加入しました。歴代のFIFAワールドカップでブラジル代表は一度の欠席することもありません。「サッカーの王様」と見られているブラジル代表サッカー選手「ペレ」はそう言いました。「ワールドカップに出場でききないブラジル代表は信じられないことだ」。

ブラジル代表 ユニフォームはカナリアイエローを基調としており、ブラジル代表は「セレソン」もしくは「カナリア軍団」と呼ばれています。ブラジル代表のユニフォームのサプライはアメリカ合衆国オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業の「ナイキ」です。(1997年~2018年まで)

ブラジル代表 ユニフォーム 2017 サード 半袖